aie_subtitle_001

バンコクから40kmの通勤圏内に IEAT系列の新しい工業団地,アジア工業団地が誕生しました。

只今、第一期(1,100ライ)販売開始中で70%が完売しました!

001

企業の新たな生産・物流の事業基盤に最適

バンコクから1時間程度の通勤圏内にある工業用地不足は深刻化しています。このような状況下で、今、タイにおいて更なる発展を遂げる為の産業拠点の構築が必要な企業様には最適の工業団地です。Zone-1において、おそらくAsia Industrial Estateが最後の工業団地開発になると予想されます。

JLL_Map_001JLL_Map_002

【アジア工業団地の概要】

Asia Industrial Estate(アジア工業団地)は、スワナプー国際空港から東に21km 、サムットプラカン県バンボーに位置します。 モーターウェイのラカバン・ランプから9km、ザ・ロイヤルゴルフ場から10km、レムチャバン港から約100kmの戦略的なロケーションにあります。

IEAT(タイ工業団地公社)系列のこの工業団地の総面積は3,700ライにも及ぶ大規模工業団地です、現在、第一期1,800ライの工場・物流用地の販売を開始しました。2016年、フェーズ2の開業時には、ラタナコシン200年通り(バンナ29km地点を北上する道路)に接続予定で、将来的には、2ヶ所のアクセスを備えた工業団地になります。 開発主は、バンコク銀行の創設者の次男、Chali Sonphonpanichが率いるCity Realty社の子会社、Asia Indsutrial Estate Co.,Ltdで、当工業の開発を手掛けています。

【アジア工業団地の特長】

  • ・ EIA認可(環境アセス)取得済み
  • ・ 最小土地区画4.5ライから数百ライの大きいサイズまで、豊富な販売在庫有り。
  • ・ 用途地域- 工業地域(紫色)へ完全変更済み
  • ・ IEATのマスタープラン承認済み
  • ・ 安心して取得できる自由所有権の土地
  • ・ きれいな長方形の成形地の土地取得が可能。
  • ・ ラカバンからAIE工業団地へ繋がるLuang Pang Roadは、2016年以降、4車線へ拡張予定。
AIE工業団地のインフラ概要
幹線道路28m : 4車線のアスファルト・コンクリート舗装、 (ASSHTO基準)
支線道路14m : 2車線のアスファルト・コンクリート舗装 (ASSHTO基準)
雨水溝団地内道路に沿ってコンクリートのU字溝を設置
境界堤防周辺地域との境界に海抜3.5メートルの防水提を設置
給水対応給水量 = 4.5㎥/rai/day、団地全体で13,300㎥の総給水能力
工場排水廃水処理費用は、BOD(BOichemical Oxygen Demand)に基づいて計算、各工場が、団地内排水処理場へIEATの排水処理基準値内で排水。 団地全体で、日量13,300㎥の総処理能力
電力供給MEA(バンコク首都圏電力公社)が115/24KVの変電所を設置
電話回線TOT又はTRUEの一般回線を供給
管理費用1,315バーツ/ライ/月

《仲介実績》

  • ・ ヤザキ電線様
  • ・ アマダ様
  • ・ 飯田エレクトロニクス様
  • ・ 奥野製薬様
  • ・ 柳下技研様

工場用地の取得支援から所有権移転登記まで日本語でフルサポート致します。
仲介手数料無料! お気軽にお問い合わせください。